東京地方税理士会 鎌倉支部 公式ホームページ

とっちー君
お問合わせ番号

お問合わせください

0467-25-5220

税理士って何?

What’s tax accountant

  • 税理士の役割

 税理士は、税金の専門家です。
 納税者(税金を納める人を納税者といいます)が、税金を納めるために、税務署に所得などの申告をして、税金を自分で納めないといけません(申告納税制度といいます)。でも、場合によっては難しい計算をしなければなりません。そんな時に、税金の専門家として、きちんと納税が出来るよう、中立・公正な立場でお手伝いをするのが、税理士の役割です。
 また、納税者の税金に関する相談にのって、皆さんに安心、信頼をいただくことも大切な役割の一つです。

  • 税理士のお仕事

税理士は税金の専門家、その仕事は、大きく4つに分けられます。

(1) 税務代理

 税務代理とは、皆さんが、税務署などの税務官公署に、税金の申告、申請、請求、不服申し立てなどの手続きをする際の代理をすることをいいます。
 また、皆さんが、税務調査などを受ける際の立会いも、大切な仕事です。

(2) 税務書類の作成

 皆さんが、税務署などに提出する申告書や申請書などの書類を、代わりに作成することも税理士の大切な仕事です。
 皆さんの代わりに確定申告書などを作成して、税務署などへ提出する書類には、税理士がきちんと署名押印することになっています。

(3) 税務相談

 皆さんが、税金計算をして、申告書などを作成して、税務署などに申告をする場合、わからないこと沢山ありますよね。そういう際に、相談にのって、皆さんの税金に関する悩みを解決することも、大切なお仕事です。

(4) 会計業務

 皆さんが、事業をしていたり、会社経営をしていれば、事業の状況がわかるように、きちんと会計帳簿をつけて、財務書類を作成しなければなりません。税理士は、(1)から(3)の税金に関するお仕事だけでなく、これら財務書類の作成や会計帳簿の記帳代行などをすることも大切なお仕事のひとつです。

ニセ税理士にご注意を!

この税務代理、税務書類の作成、税務相談の業務は、有償、無償を問わず、税理士でなければできません。
また、税理士でない者は、「税理士」「税理士事務所」又はこれらに類似する名称を用いてはならないことになっています。

 
Copyright © 東京地方税理士会 鎌倉支部 All Rights Reserved